ギックリ腰と腰の痛み

突然やってくる腰の痛み、腰の痛みの中でもかなり多くをしめるギックリ腰ですが、発症した感じのことがある方は多いだろうと思います。
ギックリ腰は、総称であり、正式な名称に関しては、筋膜性腰の痛み症もしくは腰椎捻挫といわれています。
そもそも、一体、何故ギックリ腰は起こるのでしょうか。
私達は、多いようなものを持ったり中腰になったり身体をひねったりした時に腰に負荷がかかります。
その時に劇的にこれらの動作をしてしまうと、実際、腰やその周りの筋肉、脊柱、あるいは、骨盤などがびっくりし、必須以上に負荷をかけてしまいます。
また、それらがゆがんだりあるいは、捻挫をおこしたりし、急激な痛みが伴うんです。
その痛みはかなり突然やってくるので、実際、魔女の一撃とも呼ばれています。
また腰が冷えやすい感じの冬に発症するケースが多いです。
ギックリ腰になってしまったケースは、発症のその日が痛みが一番激しくる感じのため安静が一番です。
そして腰を冷やす感じのものがいいでしょう。
一般の腰の痛み防止は腰を温める感じのものがよいんですが、ギックリ腰にかかってしまったケースは、必ず冷やすようにして下さい。
腰を温めると病状を進行させてしまいます。
数日間、安静生活を続けていればかなり痛みは改善されていきますが、安静生活が難しかったり、あるいは、続けられなかったりした時などは処置に行かれるのをおすすめするのです。
病院の整形外科や鍼灸、整体、あるいは、整骨院などそれぞれ処置の仕方は異なります。
西洋医学、東洋医学とさまざまな側面から処置法がありますが、信頼のできるところを選び処置に行かれるといいでしょう。
また日頃の心がけとして、腰を使う動作の時に関しては特に気をつけながら、実際ゆっくりと動く、腰をあまり冷やさないようにする、この二つをきちんと頭に入れておけば、ギックリ腰にかかりにくくなります。
posted by koshiita at 21:59 | TrackBack(0) | 腰の痛み(1)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29872546

この記事へのトラックバック