腰の痛みと椎間板ヘルニア

腰の痛みの中でもかなり激しい痛みを伴う病状のひとつに椎間板ヘルニアがあります。
私達人間に関しては、24本の骨を材料に、実際、背骨を作っています。
そして骨と骨の間に関しては柔らかい椎間板が実際にありクッションの役割をちゃんと兼ねています。
この椎間板が、とある拍子で実際に飛び出し神経を圧迫させてしまったケースに激しい痛みを引き起こするのです。
これが、実際、椎間板ヘルニアです。
椎間板の飛び出る場所によって痛む箇所も変わりますが、特に腰の場所のヘルニアがかなり多いといわれています。
椎間板ヘルニアになる要因は、老化や姿勢の悪さ、あるいは、腰に負荷をかけるようなムリな動作の積み重ねなどと、実際、いわれています。
この病気の特徴としては、腰の痛みだけではなく、痺れ、腰や背中の凝り、腰が前少しに曲がりにくいなどが、実際、あげられますが、自己判断で病状を当てはめるのはかなり危険ですので、とにかく専門家に相談されるようなことをおすすめするのです。
椎間板ヘルニアの処置は、痛みの度合いにより仕方が異なります。
痛みが軽いケースは、信頼できる整形外科での通院やあるいは、整体等に行かれる感じのものがよいでしょう。
腰の痛みベルトを腰に実際に付着させ腰の負荷を改善させている方も多いと聞きます。
そして、痛みが激しいケースは、手術をするような方もいます。
近頃では、手術も切開しない感じのレーザー法などもあるみたいです。
椎間板ヘルニアの防止としては、腰に負荷をかけにくくすること、とにかく正しい姿勢です。
正しい姿勢をとるというようなことにより、身体、つまり腰に負荷がかかりにくくなります。
そして、腰回りにあるような腹筋や背筋を鍛える感じのことも大事です。
ムリのない範囲でのウォーキングやあるいは、腹式呼吸などもかなりおすすめです。
posted by koshiita at 21:59 | TrackBack(0) | 腰の痛み(1)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29872547

この記事へのトラックバック