高齢者の腰の痛み

高齢者で腰の痛みに悩まれている方は多いだろうと思います。
年を重ねると骨や筋肉がトータル的にもろくなります。
それに伴い身体を支える感じのものが難しくなり、腰の痛みが起こりやすくなるんです。
腰の痛みを甘く見たらなりません。
放っておくと腰の痛みが益々進行して寝たきり生活になる感じのこともあるので、留意が必須です。
高齢者の骨の老化による腰の痛みでは、さまざまな病気や病状がありますが、その中でもよく聞く感じのものが骨粗鬆症です。
特に女性に関しては、更年期を実際に迎えるとホルモンのバランスの関係性で骨の量が減り、この病気をかなり引き起こしやすくなります。
勿論高齢の男性も年齢に伴い、実際、発症する方もかなり増えてきますので留意が必須です。
この病気に関しては、身体全体の骨がとてももろくなりますので、骨折しやすくそしてその後についてもかなり治りにくくなります。
腰の痛み防止に関しては、骨や筋肉を鍛える感じのものがよいでしょう。
骨は、沢山のカルシウムを原料に作られており、丈夫な骨を作る感じのために関してはカルシウムを前向きに摂取するとよいといわれています。
ビタミンDを一緒に摂ると、実際、カルシウムの吸収率がかなり高くなりますので、組み合わせをきちんと考えながら、実際食事をとるようなことをおすすめするのです。
そして、筋肉を鍛える感じのために関してはほどよい運動が必須です。
水中歩行やウォーキング、あるいは、軽度なストレッチなどムリのない範囲で身体を動かしてください。
またすでに腰の痛み持ちの方は、腰の痛みベルトを装着し、腰の負荷を少しでも少なくするようなことで痛みが改善されます。
高齢者の腰の痛みも人それぞれ、タイプもさまざまです。
間違った自己判断をせず、とにかく専門家に相談されるようなことをおすすめするのです。
posted by koshiita at 21:59 | TrackBack(0) | 腰の痛み(1)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29872548

この記事へのトラックバック