腰の痛みと整形外科

病院で腰の痛み処置を行う際の専門機関に関しては整形外科です。
医療行為はもちろんのこと保険が実際に適用されるので、経済的負荷も少ないと言った感じのメリットもあります。
処置法は、腰の痛みのタイプによってさまざまです。
まずどのタイプでも要因を突き止める感じのために検査を行います。
X線レントゲンでの検査についての内容によっては、実際、CTやMRIを使って詳細に調べるようなケースもあります。
検査で要因が突き止められたら、実際、それに見合った処置を行います。
その中でも特に身体の負荷が少ない感じのものが、コルセットやベルトと呼ばれる装具を実際に腰に装着し、腰の痛みを改善させる処置の仕方です。
腰を固定させる感じのため痛みは和らぎますが、長時間の使用に関しては筋肉低下を招くケースもありますので、ギックリ腰など一気に激しい痛みを伴う際の応急処置としてだいたい使用されるケースが多いです。
そして、薬の処方による腰の痛みの処置もあります。
腰の痛みに関しては、冷えは禁物です。
理学の面では、温湿布や低周波処置器を使用して患部をきちんと温め、痛みを改善させる感じの温熱療法があります。
そして、軽いエクササイズやストレッチを指導するようなケースもあります。
即効性がある腰の痛みの処置としては、ブロック注射がありますが、副作用が伴うケースもありますので留意が必須です。
最終手段としては手術で処置を行うケースもあります。
近頃ではメスを使用せず、レーザー処置を行い身体にかかる負荷も、実際、減ってきていますが、最新医療の感じのため保険が利かないケースもあります。
こんな風に整形外科だけでも処置の仕方はさまざまです。
そして、違った病気が隠れているケースは別の科を受診するというようなことになりますが、主治医と相談しながら、実際処置をすすめるようなことをおすすめするのです。
posted by koshiita at 21:59 | TrackBack(0) | 腰の痛み(2)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29872551

この記事へのトラックバック