腰の痛みと鍼灸

腰の痛みの処置のひとつに鍼灸があります。
鍼灸は、東洋医学として実際に歴史のある処置の仕方で日本にも古くから伝わり、現在では日本人の肌に合うように少しアレンジされており、日本でもたくさんの鍼灸院を目にするのです。
私達の身体に関しては無数のつぼがあります。
鍼灸で施すつぼの数はその半分といわれていますが、鍼灸のいずれかもしくは両方をそれらのつぼに施していきます。
それによって身体の中の気の流れを良くするようなことで自然治癒力が高まり、腰の痛みを始め身体の痛みを改善させていくんです。
鍼灸の処置が未経験の方は、痛い、熱いなどのマイナス印象を持ち、通うに関しては勇気が必須と思われている方は多いだろうと思います。
まず鍼は、中国で使用する鍼のだいたい半分ほどの太さを使用するというようなことにより痛みを、実際、最小限に抑えていきます。
また灸では、きちんと火傷しないように皮膚の上に関しては直接置かない感じの艾を使用し処置を行っています。
こんな風に負荷を軽くする処置の仕方が確立されており、高齢者の方でも身体に優しいため、心おきなく鍼灸院に通われている方は、実際、かなり多いようです。
鍼灸の施術者に関しては、鍼師、灸師の国家テスト資格保有者となります。
そして、一部の病状に限定されますが、保険が適用になるケースもあります。
特に腰の痛みは保険適用になる感じの可能性が高いですが、少し手続きが必須となります。
腰の痛みの鍼灸処置でよく聞く感じのものがギックリ腰の処置ですが、即効性があるかは、実際、かなり個人差があります。
灸のタイプや鍼の手法など実際の痛みによって施術内容が異なるケースがあります。
腰の痛みの処置で行かれるケースは、自分にあった信頼できる鍼灸院を見つけるようなことをおすすめするのです。
posted by koshiita at 21:59 | TrackBack(0) | 腰の痛み(2)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29872554

この記事へのトラックバック