腰の痛みとつぼ

私達の身体に関しては約670個程度のつぼがあり、その半分に実際に名称があり処置で使われています。
医学的につぼは経穴と呼ばれており、かなり長い歴史のある東洋医学が、実際、基本です。
つぼの箇所は私達素人では、実際、中々判断が難しいです。
つぼを探す目安としては、該当する場所を押すとだいたい何らかの感覚や痛みを感じます。
そしてつぼを刺激するようなことで血行が良くなり、新陳代謝が高まるようなことで身体の均整を整えそれに伴い実際に自然治癒力を高めていきます。
腰の痛みに効くつぼがあるのは、実際、ご存知ですか。
身体のいたる所に実際に点在しています。
鍼灸院に行くと適するつぼに施術していきますが、筋肉疲労の腰の痛みで痛みが軽いケースなどは自分でつぼを探して指圧しても効能が出ます。
まず手の甲に腰の痛みに効くつぼがあります。
手の甲側の人差し指、あるいは、中指の間の関節と小指と薬指の間の関節を下に実際にたどっていくと骨が交差する感じのところにつぼがあります。
そして、背面では何場所か効くつぼがありますが、特に分かりやすい感じのものが、腰のウエスト付近にある感じの背骨の位置から外側にだいたい左右指2本分程度のところにあります。
足も何場所かありますが、分かりやすい感じのつぼが足の内側にある踝の下に、実際、あります。
それぞれつぼを見付けて、ゆっくりとムリのない範囲で何度か強めに押すと、実際、よいでしょう。
自分で押す感じのものが困難なケースは、米粒やお灸をつぼに貼ったり、ゴルフボールやつぼ押し棒などを使って刺激したりするようなことで同じ効能を得る感じのことができるでしょう。
それでも腰の痛みの痛みが治らないケースは、専門機関にきちんと相談するとよいでしょう。
posted by koshiita at 21:59 | TrackBack(0) | 腰の痛み(2)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29872555

この記事へのトラックバック