男性の腰の痛み

男性で腰の痛みに悩まれている方も多いだろうと思います。
腰の痛みが現代病といわれているように、実際、男性のケースは職業病としてもかなり起こりやすくなります。
肉体労働が主な仕事のケースは、特に腰をかなり痛めやすくなります。
重いようなものを持ったり身体をムリに動かしたりする仕事も多いため、ギックリ腰など急な激痛で悩まれたような経験がある方も多いだろうと思います。
また現代社会はPCでの仕事も増え、長時間同じ姿勢を継続するというようなことにより腰に負荷がかかり、腰の痛みが進行したビジネスマンも、実際、少なくありません。
また男性は喫煙者がかなり多く、煙草に含まれるニコチンが腰を冷やしてしまう感じのため腰の痛みで悩まれている方もいるみたいです。
このケースは、禁煙する感じのものが一番効果的です。
腰の痛みの要因が仕事であるケース、退職や転職など劇的な変化を求めないような限り、中々腰の痛みの防止策が見つからない感じのものが現状です。
仕事を継続したいケースは、きちんと工夫をしながら、実際仕事をすることが必須です。
肉体労働の仕事をするケースは、腰に負荷のかからない作業の工夫や腰の痛み防止のベルトやコルセットの着用が、実際、よいでしょう。
デスクワークのケースは、休憩時間などを活用して軽くストレッチをするようなことをおすすめするのです。
また中年になると、実際、生活習慣病を発症し、肥満の傾向にある感じの男性もかなり増え、腰の痛みだけでなくさまざまな病気をとても併発しやすくなってきます。
このケース、ダイエットをする感じのものが一番効果的ですが、食生活の見直しやほどよい運動なども腰の痛みの改善につながります。
そして、長期間におよび重い腰の痛みのケースは、他の病気が潜んでいるようなケースもあります。
自己判断せずに、実際、きちんと専門家に診てもらうとよいでしょう。
posted by koshiita at 21:59 | TrackBack(0) | 腰の痛み(3)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29872562

この記事へのトラックバック