腰の痛みと癖

腰の痛みに悩まれている方は、腰の痛みになりやすい癖や習慣を持っているような人が多いと言われています。
アナタも暮らしのチェックをしてみませんか。
まず姿勢に関しての悪さです。
立ち姿は、実際、どうでしょうか。
あるいは、猫背だったりしませんか。
中腰や前かがみの姿勢を実際に長時間していませんか。
座った感じの時の姿勢に関しても同じです。
姿勢がちゃんと良くても足を組んで身体の均整を崩しやすくしてしまうのも、実際、かなり問題です。
足を組むとだいたいどちらか片方の足で組むというようなことになりますので、一番身体の均整を崩しやすく、腰の痛みがおこりやすくなるんです。
深く椅子にきちんと腰かけるようにして椅子の高さに関しては、お尻と膝が平行かあるいは、少し高いぐらい程度が理想です。
実は座るときの体制のほうが、実際、腰に負荷がかかりやすいといわれています。
この姿勢で中腰や前かがみの姿勢を実際にとり続けていると余計に身体の均整が崩れやすく、腰の痛みがかなり起こりやすくなります。
椅子以外では、横すわりや胡座などの偏った感じの座り方もよくありません。
立ちっぱなし、あるいは、座りっぱなしも筋肉を疲れさせ腰の痛みがおこりやすくなりますので、長時間同じような体制を継続するケースは合間に軽い感じのストレッチを行うようにするときっとよいでしょう。
またバックを実際にどちらかの肩にかけるような時間が増えてしまうのも身体の均整を崩しやすくなるので、実際、問題です。
人間は左右の均整が崩れると痛みや不調などがかなり起こりやすくなります。
必ず左右対称に実際に動作をおこなうように少し気を付けるとよいでしょう。
こんな風に生活習慣や癖を見直す感じのことが腰の痛みの腰の痛み防止の第一歩につながります。
posted by koshiita at 21:59 | TrackBack(0) | 腰の痛み(3)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29872566

この記事へのトラックバック