腰の痛みと生理

女性のケースでは、月に一度生理(月経)が実際にやってきます。
生理の前後および最中に腰の痛みで悩まれている感じの方は多いと聞きますが、一体、何故でしょうか。
生理の数日前からスタートするすぐ前までプロンスタグランジンと言ったような物質が黄体ホルモンの働きで実際に子宮から分泌されます。
痛みは人によりさまざまですが、これが多いと腰の痛みが起こりやすいだろうといわれています。
これは月経前緊張症と実際に呼ばれています。
腰の痛み以外にも吐き気、あるいは、倦怠感など身体全身がつらくなるみたいです。
そして生理がスタートするとともに痛みは改善するのです。
フラストレーションが要因でおこるケースもありますので、できる限りリラックスするようなことを気を付けるとよいでしょう。
そして、整体や鍼灸などで身体を温め、均整をとるようなことで、腰の痛みが改善するケースもあります。
生理の最中にも腰の痛みで悩まれている感じの方は少なくありません。
生理前とホルモンのタイプは同じですが、量が実際に多ければ多いほど腰の痛みと共に下腹部痛がかなり起こりやすくなります。
このケース、子宮が未熟であるなど機能性に関しての問題だといわれていますので、思春期の女性は、実際、なるケースが多いようです。
身体の均整を整えたり、あるいは、年を重ねたりするにつれて痛みはだいたい改善していくようです。
月一回実際にやってくる生理です。
上手くつきあう秘訣とリラックス法を自分で見つける感じのことも大事です。
また、実際、別の病気が潜んでいるようなケースもあります。
痛みがかなり激しかったり、身体の疲労感が実際に長期間続いたり、あるいは、不正出血や出血量が極端に多かったり、また少なかったりしたようなケースは、医療機関できちんと相談されるとよいでしょう。
posted by koshiita at 21:59 | TrackBack(0) | 腰の痛み(3)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29872567

この記事へのトラックバック