腰の痛みと妊娠初期

女性が劇的な身体の変化を実際に遂げるのに妊娠あるいは、出産があります。
この時期も腰の痛みがかなり起こりやすいといわれています。
まず妊娠中は、実際、どうでしょうか。
妊娠初期には胎盤からリラキシンと言った感じのホルモンが分泌されます。
このホルモンについては、きちんと出産しやすいように実際に骨盤を中心に身体全体を緩やかにするのです。
そのホルモンを分泌させるようなことで体中の関節が少しゆるみ、骨盤がかなり不安定となり腰の痛みが起こりやすくなるんです。
そして、妊娠初期を終えて、特に妊娠後期に関しては胎児の成長に伴い、実際、お腹も大きな感じの状態で身体を支えることとなります。
その上、骨盤が少しホルモンにより不安定となっているので全身を支えている腰に負荷がかかり、腰の痛みをますます進行させていくんです。
出産時は、緩んでいるような骨盤に大きな負荷がかかる感じのため、腰の痛みで悩まれている方は、実際、特に留意が必須です。
きちんとリラックスしてお産に臨み、ベルトの着用やあるいは、体勢などを前もって医療機関に少し相談されておくとよいでしょう。
出産後に関しても特にすぐ後は身体が戻っていない感じの時期です。
赤ちゃんを実際に抱きかかえるというようなことにより、身体にますます負荷がかかり腰の痛みを進行させていきます。
出産時および産前産後は、骨盤矯正ベルトをちゃんと上手に活用し、腰の痛みを防止する感じのことも必須です。
骨盤矯正ベルトに関しては日頃使用している腰の痛み防止のベルトとは少し異なり、妊娠および出産時に適するように作られた感じのベルトになりますので、妊娠初期の段階で、きちんとしたようなものを購入し着用するとよいでしょう。
そして普段の腰の痛み防止として正しい姿勢と筋力低下をあまりさせないためのほどよい感じの運動を気を付けるとよいでしょう。
posted by koshiita at 21:59 | TrackBack(0) | 腰の痛み(3)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29872568

この記事へのトラックバック