高齢者の腰の痛み

高齢者で腰の痛みに悩まれている方は多いだろうと思います。
年を重ねると骨や筋肉がトータル的にもろくなります。
それに伴い身体を支える感じのものが難しくなり、腰の痛みが起こりやすくなるんです。
腰の痛みを甘く見たらなりません。
放っておくと腰の痛みが益々進行して寝たきり生活になる感じのこともあるので、留意が必須です。
高齢者の骨の老化による腰の痛みでは、さまざまな病気や病状がありますが、その中でもよく聞く感じのものが骨粗鬆症です。
特に女性に関しては、更年期を実際に迎えるとホルモンのバランスの関係性で骨の量が減り、この病気をかなり引き起こしやすくなります。
勿論高齢の男性も年齢に伴い、実際、発症する方もかなり増えてきますので留意が必須です。
この病気に関しては、身体全体の骨がとてももろくなりますので、骨折しやすくそしてその後についてもかなり治りにくくなります。
腰の痛み防止に関しては、骨や筋肉を鍛える感じのものがよいでしょう。
骨は、沢山のカルシウムを原料に作られており、丈夫な骨を作る感じのために関してはカルシウムを前向きに摂取するとよいといわれています。
ビタミンDを一緒に摂ると、実際、カルシウムの吸収率がかなり高くなりますので、組み合わせをきちんと考えながら、実際食事をとるようなことをおすすめするのです。
そして、筋肉を鍛える感じのために関してはほどよい運動が必須です。
水中歩行やウォーキング、あるいは、軽度なストレッチなどムリのない範囲で身体を動かしてください。
またすでに腰の痛み持ちの方は、腰の痛みベルトを装着し、腰の負荷を少しでも少なくするようなことで痛みが改善されます。
高齢者の腰の痛みも人それぞれ、タイプもさまざまです。
間違った自己判断をせず、とにかく専門家に相談されるようなことをおすすめするのです。
posted by koshiita at 21:59 | TrackBack(0) | 腰の痛み(1)

 

 

腰の痛みと椎間板ヘルニア

腰の痛みの中でもかなり激しい痛みを伴う病状のひとつに椎間板ヘルニアがあります。
私達人間に関しては、24本の骨を材料に、実際、背骨を作っています。
そして骨と骨の間に関しては柔らかい椎間板が実際にありクッションの役割をちゃんと兼ねています。
この椎間板が、とある拍子で実際に飛び出し神経を圧迫させてしまったケースに激しい痛みを引き起こするのです。
これが、実際、椎間板ヘルニアです。
椎間板の飛び出る場所によって痛む箇所も変わりますが、特に腰の場所のヘルニアがかなり多いといわれています。
椎間板ヘルニアになる要因は、老化や姿勢の悪さ、あるいは、腰に負荷をかけるようなムリな動作の積み重ねなどと、実際、いわれています。
この病気の特徴としては、腰の痛みだけではなく、痺れ、腰や背中の凝り、腰が前少しに曲がりにくいなどが、実際、あげられますが、自己判断で病状を当てはめるのはかなり危険ですので、とにかく専門家に相談されるようなことをおすすめするのです。
椎間板ヘルニアの処置は、痛みの度合いにより仕方が異なります。
痛みが軽いケースは、信頼できる整形外科での通院やあるいは、整体等に行かれる感じのものがよいでしょう。
腰の痛みベルトを腰に実際に付着させ腰の負荷を改善させている方も多いと聞きます。
そして、痛みが激しいケースは、手術をするような方もいます。
近頃では、手術も切開しない感じのレーザー法などもあるみたいです。
椎間板ヘルニアの防止としては、腰に負荷をかけにくくすること、とにかく正しい姿勢です。
正しい姿勢をとるというようなことにより、身体、つまり腰に負荷がかかりにくくなります。
そして、腰回りにあるような腹筋や背筋を鍛える感じのことも大事です。
ムリのない範囲でのウォーキングやあるいは、腹式呼吸などもかなりおすすめです。
posted by koshiita at 21:59 | TrackBack(0) | 腰の痛み(1)

 

 

ギックリ腰と腰の痛み

突然やってくる腰の痛み、腰の痛みの中でもかなり多くをしめるギックリ腰ですが、発症した感じのことがある方は多いだろうと思います。
ギックリ腰は、総称であり、正式な名称に関しては、筋膜性腰の痛み症もしくは腰椎捻挫といわれています。
そもそも、一体、何故ギックリ腰は起こるのでしょうか。
私達は、多いようなものを持ったり中腰になったり身体をひねったりした時に腰に負荷がかかります。
その時に劇的にこれらの動作をしてしまうと、実際、腰やその周りの筋肉、脊柱、あるいは、骨盤などがびっくりし、必須以上に負荷をかけてしまいます。
また、それらがゆがんだりあるいは、捻挫をおこしたりし、急激な痛みが伴うんです。
その痛みはかなり突然やってくるので、実際、魔女の一撃とも呼ばれています。
また腰が冷えやすい感じの冬に発症するケースが多いです。
ギックリ腰になってしまったケースは、発症のその日が痛みが一番激しくる感じのため安静が一番です。
そして腰を冷やす感じのものがいいでしょう。
一般の腰の痛み防止は腰を温める感じのものがよいんですが、ギックリ腰にかかってしまったケースは、必ず冷やすようにして下さい。
腰を温めると病状を進行させてしまいます。
数日間、安静生活を続けていればかなり痛みは改善されていきますが、安静生活が難しかったり、あるいは、続けられなかったりした時などは処置に行かれるのをおすすめするのです。
病院の整形外科や鍼灸、整体、あるいは、整骨院などそれぞれ処置の仕方は異なります。
西洋医学、東洋医学とさまざまな側面から処置法がありますが、信頼のできるところを選び処置に行かれるといいでしょう。
また日頃の心がけとして、腰を使う動作の時に関しては特に気をつけながら、実際ゆっくりと動く、腰をあまり冷やさないようにする、この二つをきちんと頭に入れておけば、ギックリ腰にかかりにくくなります。
posted by koshiita at 21:59 | TrackBack(0) | 腰の痛み(1)