腰の痛みと暮らしの中での防止

現在の私達は、腰の痛みになりやすい生活環境の中で暮らしていると、実際、いわれていますが、日常生活の中での腰の痛み防止はあるのでしょうか。
腰の痛みを防止するに関しては、生活習慣の見直しや工夫をしていく感じのものがよいといわれています。
まずアナタは姿勢がよいでしょうか。
姿勢が悪いような人に腰の痛みで悩まれている感じの方は意外に多いと聞きます。
姿勢が悪いとその分、実際、体重がかなり腰にかかってきます。
それによって腰の痛みを進行させているんです。
日々鏡を見ながら、実際正しい姿勢を気を付けるようにするのも腰の痛み防止のひとつです。
そして、これも腰の負荷の問題になりますが、肥満も腰の痛みを起こしやすい原因のひとつといわれています。
このケース、体重を減らす感じのものが一番の解決仕方ですが、ムリなダイエットはおすすめできません。
ほどよい運動により体重を改善させ均整のある身体を作っていく感じのことが基本です。
座りっぱなし、あるいは、立ちっぱなしも腰の痛みに関しては良くありません。
どうしても仕事や作業なんかでかなり長時間座りっぱなし立ちっぱなしが続くケースは、休憩を上手くとりいれながら、実際軽いストレッチをするとよいでしょう。
重いようなものを持つ時は、実際、どうでしょうか。
これは腰に負荷がかかりすぎて、ギックリ腰をかなりおこしやすくなります。
このケースは、物と身体をできるだけ密着させ、身体全体で持つようなことを意識させながら、実際行うとよいでしょう。
靴やフトンなど私達が日々使用するようなものでも腰の痛みの影が潜んでいます。
自分に合わない靴をムリに履いたり柔らかすぎるフトンを使用したりするようなことで腰を埋没させ腰の痛みを進行させます。
自分に合う靴、ほどよい硬さのフトンを選びなおすようなことをおすすめするのです。
posted by koshiita at 21:59 | TrackBack(0) | 腰の痛み(1)

 

 

腰の痛みと水中歩行

腰の痛みに関してはほどよい運動がよいといわれますが、ムリに身体を動かすというようなことは、逆に腰を進行させてしまうケースがあります。
そのためには、できるだけ腰に負荷のかからない運動がよいんですが、その中でも特に水中歩行はおすすめです。
私達は水の中では実際に浮力がかかり、腰に殆ど体重の負荷がかからなくなります。
それを活用して水中でゆっくり歩くとよいでしょう。
また歩くようなことを通して水の負担もかかる感じのため筋力もつき、腰が丈夫になります。
水中歩行は、腰に負荷はかかりにくいですが、水の抵抗がある感じのため長時間行うとかなり疲れてしまいます。
そのため時間をきちんと決めて行うとよいでしょう。
最初の方でしたら水中歩行に関しては、30分以内程度にして下さい。
歩行を行うようなときは、いつもより少し大股にゆっくり歩きます。
そして手もきちんと大きく振り、多少オーバー程度に歩くといいでしょう。
つま先からではなく、きちんとかかとから着地するようなことでますます腰の負荷をかけないようにするのです。
自分のペースでムリのない範囲で楽しまれて下さい。
通うプールによっては難しいと思いますが、歩行の際の水の高さについては、胸からおへそまでの高さがだいたい理想的だといわれています。
また温水プールの方が身体が、実際、温まりやすく筋肉がほぐれやすいと言った感じの点でも最適です。
慣れてきたら自分の腰の様子を少し見ながら、実際になりますが、スイミングやアクアビクスを実際に行ってみるのもいいと思います。
しかし、痛みやムリが生じたりしたときはきちんと速やかに中止して下さい。
年齢に関係性なく水中での運動は、腰の痛み防止にかなりおすすめです。
posted by koshiita at 21:59 | TrackBack(0) | 腰の痛み(1)

 

 

腰の痛みとヨガ

ここ数年、特に女性の間でヨガが大評判です。
ヨガに関しては、ダイエットだけではなく、腰の痛み防止にもよいといわれています。
ヨガについては、インドで生まれ実際に、実際、日本に伝わりましたが、今私達日本人が行っている感じのヨガは、多少のアレンジが加えられ普及しました。
ヨガはさまざまなポーズがありますが、深い呼吸をしながら、実際ゆっくりと動きを実際に作っていきます。
効能としては、代謝が良くなったりあるいは、筋力がついたりとダイエットにも繋がり、自然と身体の均整も整えていきます。
ヨガのポーズのタイプは沢山あり、腰の痛み防止のポーズも何タイプもありますが、今回は、初心者でもカンタンにできる動きをご紹介したいと思われます。
とにかく、立ったまま足をだいたい肩幅ぐらいに開き、手は合掌するのです。
そのまま息をはきながら、実際合掌したままの手と身体を後ろに反らするのです。
そのポーズを保ったまま、ゆっくりと10程度を数えて下さい。
そして身体をゆっくりと元に戻していきます。
また立ったまま手に関しては合掌までは同じで、その手を真上にあげたまま身体を、実際、左右どちらかにひねります。
そのポーズを保ったまま、ゆっくりと10程度数えて下さい。
そしてゆっくりと身体を戻し、同様に逆方向も行います。
この二つは「三日月のポーズ」といわれ、腰の痛みを防止し、初心者でもカンタンにできるヨガのポーズのひとつです。
ただヨガが腰の痛みによいからとムリはなりません。
かえって病状を進行させたりするようなケースもあります。
痛みを感じたら直ぐにやめ、ムリをせず、自分で身体の様子を見ながら、実際行う感じのことが基本です。
posted by koshiita at 21:59 | TrackBack(0) | 腰の痛み(1)