腰の痛みの原因

現代病のひとつともいわれている腰の痛み、この痛みに悩まされている方は多いだろうと思います。
そもそも腰の痛みは、一体、なぜおこるのでしょう。
腰の痛みは現代病といわれていますが、果たして実際にそうなのでしょうか。
実は、人類が二足歩行を実際に始めてから腰の痛みが起こるようになったともいわれています。
動物は、四つん這いで歩くようなことで、身体の負荷を分散させ、自然と身体全体の均整を整えており、動物に関しては腰の痛みはないといわれています。
また、人の二足歩行という感じの進化により、私達は、身体を下半身だけで支えるというようなことになりました。
これは下半身に、実際、倍以上の負荷がかかります。
特に腰は、身体を支える感じの中心ともいわれており、私達の身体は見込み以上に悲鳴をあげるというようなことになりました。
長い歴史のある腰の痛みですが、昔の人々は腰の痛みに悩まれている方は、実際、少なかったようです。
それは何でも実際に手間暇かけて自分の力できちんと行っていたからだといわれています。
自分の足でちゃんと歩き、家事や肉体労働をするようなことで腰をちゃんと鍛えていました。
そのため腰の痛みに悩まれている方はかなり少なかったようです。
現代の便利な社会に関しては、まさに腰の痛みの原因が沢山あるといわれています。
殆ど歩かなくても目的地に着く感じのことのできる交通機関の発展、あるいは、全自動洗濯機、カンタンに湧かせるお風呂などの家事の簡略化、PCなどのコンピューターの進化など、私達の便利な暮らしが益々腰の痛み持ちの人々を増やしているんです。
ストレッチ、あるいは、ヨガなど腰の痛み防止の対策が沢山謳われていますが、とにかく昔の人々の暮らしを参考にし、自分の暮らしを見直してみるのもいいだろうと思います。
posted by koshiita at 21:59 | TrackBack(0) | 腰の痛み(1)