腰の痛みとつぼ

私達の身体に関しては約670個程度のつぼがあり、その半分に実際に名称があり処置で使われています。
医学的につぼは経穴と呼ばれており、かなり長い歴史のある東洋医学が、実際、基本です。
つぼの箇所は私達素人では、実際、中々判断が難しいです。
つぼを探す目安としては、該当する場所を押すとだいたい何らかの感覚や痛みを感じます。
そしてつぼを刺激するようなことで血行が良くなり、新陳代謝が高まるようなことで身体の均整を整えそれに伴い実際に自然治癒力を高めていきます。
腰の痛みに効くつぼがあるのは、実際、ご存知ですか。
身体のいたる所に実際に点在しています。
鍼灸院に行くと適するつぼに施術していきますが、筋肉疲労の腰の痛みで痛みが軽いケースなどは自分でつぼを探して指圧しても効能が出ます。
まず手の甲に腰の痛みに効くつぼがあります。
手の甲側の人差し指、あるいは、中指の間の関節と小指と薬指の間の関節を下に実際にたどっていくと骨が交差する感じのところにつぼがあります。
そして、背面では何場所か効くつぼがありますが、特に分かりやすい感じのものが、腰のウエスト付近にある感じの背骨の位置から外側にだいたい左右指2本分程度のところにあります。
足も何場所かありますが、分かりやすい感じのつぼが足の内側にある踝の下に、実際、あります。
それぞれつぼを見付けて、ゆっくりとムリのない範囲で何度か強めに押すと、実際、よいでしょう。
自分で押す感じのものが困難なケースは、米粒やお灸をつぼに貼ったり、ゴルフボールやつぼ押し棒などを使って刺激したりするようなことで同じ効能を得る感じのことができるでしょう。
それでも腰の痛みの痛みが治らないケースは、専門機関にきちんと相談するとよいでしょう。
posted by koshiita at 21:59 | TrackBack(0) | 腰の痛み(2)

 

 

腰の痛みと鍼灸

腰の痛みの処置のひとつに鍼灸があります。
鍼灸は、東洋医学として実際に歴史のある処置の仕方で日本にも古くから伝わり、現在では日本人の肌に合うように少しアレンジされており、日本でもたくさんの鍼灸院を目にするのです。
私達の身体に関しては無数のつぼがあります。
鍼灸で施すつぼの数はその半分といわれていますが、鍼灸のいずれかもしくは両方をそれらのつぼに施していきます。
それによって身体の中の気の流れを良くするようなことで自然治癒力が高まり、腰の痛みを始め身体の痛みを改善させていくんです。
鍼灸の処置が未経験の方は、痛い、熱いなどのマイナス印象を持ち、通うに関しては勇気が必須と思われている方は多いだろうと思います。
まず鍼は、中国で使用する鍼のだいたい半分ほどの太さを使用するというようなことにより痛みを、実際、最小限に抑えていきます。
また灸では、きちんと火傷しないように皮膚の上に関しては直接置かない感じの艾を使用し処置を行っています。
こんな風に負荷を軽くする処置の仕方が確立されており、高齢者の方でも身体に優しいため、心おきなく鍼灸院に通われている方は、実際、かなり多いようです。
鍼灸の施術者に関しては、鍼師、灸師の国家テスト資格保有者となります。
そして、一部の病状に限定されますが、保険が適用になるケースもあります。
特に腰の痛みは保険適用になる感じの可能性が高いですが、少し手続きが必須となります。
腰の痛みの鍼灸処置でよく聞く感じのものがギックリ腰の処置ですが、即効性があるかは、実際、かなり個人差があります。
灸のタイプや鍼の手法など実際の痛みによって施術内容が異なるケースがあります。
腰の痛みの処置で行かれるケースは、自分にあった信頼できる鍼灸院を見つけるようなことをおすすめするのです。
posted by koshiita at 21:59 | TrackBack(0) | 腰の痛み(2)

 

 

腰の痛みと整体

腰の痛みでの処置のひとつに整体があります。
整体に関しては、手技や道具などを使って、実際、骨や関節などの矯正を行う感じの民間療法です。
日本古来の接骨でおなじみの柔道整復術、欧米から実際に伝わってきたカイロプラクティック、あるいは、中医学などの要素を取り入れ独自の工夫が集大成され整体に関しては作られました。
整体で著名な感じのものが、骨や関節の矯正です。
歪みを瞬時に判断して矯正し、身体の均整を整えるようなことで腰の痛みを改善させていきます。
またその後の生活指導などについても行っています。
特に決まった感じの名称はありませんが、整体院とつく名前のつく処置院が多いようです。
整体に関しては即効性はありませんが、身体にさほど負荷がかかりませんので、定期的に実際に通院している方が殆どです。
整体はさまざまな要素を取り入れて、実際、完成しているので保険が適用とはなりません。
それに加えて、整体を行う施術者に関しては特別な資格も必須でありません。
処置院の整体技術はだいたい共通ですが、患者を第一に考えながら、実際整体は毎日進化をたどっています。
そのため処置院によってはさらに工夫が加えられ質のよいものとなっていると言っても、実際、過言ではありません。
実際、相性のよい整体処置院を見つけ、通っている感じの方も多いようです。
また腰の痛みのタイプによっては整体で処置を行うとかえって進行させてしまうケースがあります。
特に椎間板ヘルニアや骨粗鬆症など、実際、病名が伴う腰の痛みに関しては適していません。
医療行為は禁止ですので、病名をあまり判断できない感じのこともあり留意が必須です。
とにかく医療機関に行かれた後に、実際、通われるようなことをおすすめするのです。
posted by koshiita at 21:59 | TrackBack(0) | 腰の痛み(2)