子どもの腰の痛み

意外と知られていない感じのものが子どもの腰の痛みです。
腰の痛みが現代病のひとつに挙げられるように、子どもにとっても腰の痛みを引き起こしやすい感じの環境の中で暮らしています。
近頃は、子どもの姿勢もかなり悪くなってきているといわれています。
帰宅後の長時間のTVゲーム、体罰に敏感でしつけが徹底されていないなど、実際に現代社会では、姿勢が進行する要因が沢山隠されています。
子どもは骨も筋肉も成長過程ですので、姿勢の悪い感じの状態が続けば身体全体が歪みます。
それによって腰に負荷がかかり、腰の痛みが起こりやすくなるんです。
そして、長時間のTVゲームなど、実際、外で遊ぶ子どもも少なくなりました。
これは運動不足にもかなりつながり、骨と筋力の低下を実際に招き腰の痛みを引き起こしやすい要因となります。
昔の子どもたちは暗くなるまで、実際、外で遊びだいたい顔も真っ黒に日焼けしていました。
そうするようなことを通して自然と元気な身体を作っていたんです。
それとは逆に激しい感じのスポーツを継続して行うと腰の痛みを起こしやすいとも、実際、いわれています。
特に小学生低学年など身体が未熟な時期に激しいスポーツをかなり行うと、腰に負荷がかかりやすくなります。
子どもの腰の痛みで多い感じのものが疲労骨折とも言われる感じの脊椎分離症です。
この病状は、そのままにしておくと、実際、大人になってから悪くなる感じのことがかなり多く、早めの処置が必須となります。
子どもの病状によって腰の痛みの処置の仕方はさまざまですので、とにかく専門家に診てもらうようなことをおすすめするのです。
何事も適度でムリせず行う感じのことが元気な身体を作り、子どもがすくすく育つ糧となるんです。
posted by koshiita at 21:59 | TrackBack(0) | 腰の痛み(2)