腰の痛みと冷え

冷えは万病の元と、実際、いわれていますが、慢性的な腰の痛みも身体が冷える感じのことが要因で起こっているケースがあります。
身体が冷えるようなことで全身の血液の循環がかなり悪くなり、筋肉が疲労するようなことで腰の痛みが起こりやすくなるんです。
特に冬の寒い時期や冷あるいは、房を使用するケースが多い夏に留意が必須です。
冷えからくる腰の痛み防止は、身体を温めることからきっと始めるとよいでしょう。
近頃はさまざまな冷え性防止対策やグッツがかなり多く普及しています。
まず我々が日々入るお風呂は、実際、どうでしょうか。
近頃の若いような人は入浴をシャワーだけで済ませる感じの方が多いと聞きます。
これは身体が温まらず、実際、ますます身体を冷やしてしまいます。
ゆっくりとちゃんと湯船につかり身体を芯から温めるというようなことは冷え性防止にもつながります。
特に半身浴をとてもおすすめするのです。
少しぬるめ程度の温度でゆっくりちゃんとつかって下さい。
上半身に関しては水圧をかけない感じのことがポイントです。
十二分湯船につかった後に関しては、手足に何度か水をかけると身体がかなりぽかぽかし、血行がよくなり腰の痛み知らずの身体になるでしょう。
また運動する感じのことも冷え性防止に関しては大事です。
また湯たんぽやホッカイロ、あるいは、腹巻などの冷え性防止グッツ使用して身体を温めるのも防止のひとつです。
ところが腰の痛みのタイプによっては腰を温めると逆効能になるようなケースもあります。
腰をぶつけたり、あるいは、ギックリ腰などの急性の激痛のケースは、腰を実際に冷やして炎症を抑える感じのことが必須です。
その他の慢性的な腰の痛みのケースは身体を前向きに温めるようにして下さい。
もし判断に迷ったような時は専門家に診てもらうようなことをおすすめするのです。
posted by koshiita at 21:59 | TrackBack(0) | 腰の痛み(3)